忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

梅田望夫著 『ウェブ時代をゆく-いかに働き、いかに学ぶか』 就活中の君にこそ読んで欲しいウェブ時代の人生指南書

あとがきで述べられているように、この『ウェブ時代をゆく-いかに働き、いかに学ぶか』は、ウェブ時代の意味を描いた『ウェブ進化論』と対になった「その時代に生まれる新しい生き方の可能性」をテーマとしている。
そして、志さえ持てば、ウェブは「人生のインフラ」として「個」を大いに助けてくれる。そのことを、出来るだけ多くの人たちに伝えたいと思い、本書を執筆したと明かす。
この梅田望夫氏の真摯な思いは、ストレートに私に伝わり、大いに私を勇気付けてくれた。

この梅田望夫氏のオプティミズム(楽天主義)につなれかれた『ウェブ時代をゆく-いかに働き、いかに学ぶか』は、会社人間である、フリーランスである、にかかわらずウェブ時代という「もうひとつの地球」が存在する時代の新しい生き方を実践している/しようとしている人たちへの応援歌であり、私も勇気付けられました。
また、著者である梅田望夫氏は、小見出しの付け方が上手く、文章も論理的に整理してあり、非常に読みやすい。
PR

あとがきで述べられているように、この『ウェブ時代をゆく-いかに働き、いかに学ぶか』は、ウェブ時代の意味を描いた『ウェブ進化論』と対になった「その時代に生まれる新しい生き方の可能性」をテーマとしている。
そして、志さえ持てば、ウェブは「人生のインフラ」として「個」を大いに助けてくれる。そのことを、出来るだけ多くの人たちに伝えたいと思い、本書を執筆したと明かす。
この梅田望夫氏の真摯な思いは、ストレートに私に伝わり、大いに私を勇気付けてくれた。

この梅田望夫氏のオプティミズム(楽天主義)につなれかれた『ウェブ時代をゆく-いかに働き、いかに学ぶか』は、会社人間である、フリーランスである、にかかわらずウェブ時代という「もうひとつの地球」が存在する時代の新しい生き方を実践している/しようとしている人たちへの応援歌であり、私も勇気付けられました。
また、著者である梅田望夫氏は、小見出しの付け方が上手く、文章も論理的に整理してあり、非常に読みやすい。
PR
" dc:identifier="http://internethack.blog.shinobi.jp/%E6%A2%85%E7%94%B0%E6%9C%9B%E5%A4%AB/%E6%A2%85%E7%94%B0%E6%9C%9B%E5%A4%AB%E8%91%97%E3%80%80%E3%80%8E%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%82%92%E3%82%86%E3%81%8F%EF%BC%8D%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E5%83%8D%E3%81%8D%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%81%8B%E3%80%8F%E3%80%80%E5%B0%B1%E6%B4%BB%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%90%9B%E3%81%AB%E3%81%93%E3%81%9D%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E6%AC%B2%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%94%9F%E6%8C%87%E5%8D%97%E6%9B%B8" /> -->

宅本便でブックオフ店舗で使えるお買物券500円分プレゼント!!

WEB限定!
春の引越シーズンに向けて ひと足お先に大掃除!
  宅本便でお買物券500円分プレゼント!

2009年もいよいよ大詰め!今年話題になった本を再チェック!

読み逃しはありませんか!? 2009年話題になった本
2009年もあとわずか。今年もいろいろな本が話題に上がりました。

黒田龍之介 「はじめての言語学」~言語学のよき入門書

現代思想の源流となったソシュールの言語学を面白いと思い、言語学一般は、どのような学問であろうかと思い、本書黒田龍之介「はじめての言語学」を手にとってみた。
結論から言うと、言語学一般とはなんて退屈で地道な努力がいる学問であろうかという感想を持った。
これは黒田龍之介「はじめての言語学」が悪書というのではなく、逆に言語学全般を網羅し、平易でわかりやすく書かれた良書であるからこそ持ちえた感想である。

現代思想の源流となったソシュールの言語学を面白いと思い、言語学一般は、どのような学問であろうかと思い、本書黒田龍之介「はじめての言語学」を手にとってみた。
結論から言うと、言語学一般とはなんて退屈で地道な努力がいる学問であろうかという感想を持った。
これは黒田龍之介「はじめての言語学」が悪書というのではなく、逆に言語学全般を網羅し、平易でわかりやすく書かれた良書であるからこそ持ちえた感想である。
" dc:identifier="http://internethack.blog.shinobi.jp/%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%AD%A6/%E9%BB%92%E7%94%B0%E9%BE%8D%E4%B9%8B%E4%BB%8B%E3%80%80%E3%80%8C%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E3%80%8D%EF%BD%9E%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%8D%E5%85%A5%E9%96%80%E6%9B%B8" /> -->

2008年、ノーベル平和賞の業績

10日、ノーベル平和賞の授賞式が行われました。
受賞者の元フィンランド大統領のアハティサーリ氏(71)は、演説の多くを「平和構築で最難関」とする中東問題に割き、「もしこの地域が一つになって経済的な潜在能力を発揮し、優秀な人材を活用し、3大陸の結節点という地の利を生かして発展し始めた時に、どんな世界が広がるのか。そんな未来を想像することが、きっと解決につながっていく」と語った。

アハティサーリ氏は、30年以上にわたって旧ユーゴや北アイルランド、アンゴラ、インドネシアのアチェ、コソボなど世界各地の紛争や内戦の調停にかかわり、和平をもたらした功績が評価された。

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[01/22 絵空事]
[01/22 トグサ]
[01/21 絵空事]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R