忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シリーズ 平和とは 保坂正康「あの戦争は何だったのか」を読んで第2次世界大戦について考える

靖国問題でまたクローズアップされているためか、マルクス史観からやっと解き放たれたのか、憲法改正が具体的な政策課題として提出されているためか、新たに先の大戦、第二次世界大戦をどうとらえようかという議論が活発です。

本書「あの戦争は何だったのか」は、サブタイトルに“大人のための歴史教科書”を掲げ、保坂正康氏が「あの戦争は何を意味して、どうして負けたのか、どういう構造の中でどういうことが起こったのか」を明らかにするために書かれた本である。

しかしながら、結論から述べると、新書という制約があるにしても、本書は“大人のための歴史教科書”になり得ていない。

まず、巻末にもどこにも参考図書や引用書籍がかがげられていない。時折、当時の政府高官から取材して、聞いたという話が織り込まれるが。
PR

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

[01/22 絵空事]
[01/22 トグサ]
[01/21 絵空事]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R