忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[ Japanese social media report ] Marx said that "A specter is haunting Europe ― the specter of communism. " On Manifesto of the Communist Party. But we have to say that "A specter is haunting Japan ― the specter of Zenkyoto=全共闘."

Will Tachiiri (@tachiiri) analyzed that Japanese people don't want to talk about politics.
But I think its different.

Japanese Internet world is filled with the political messages.
But most political message is not sense.

Simple unpleasant or satisfaction.
They will prevention the Social Media action of Japanese business.

And exits of them predict becoming a big problem after 2030.


Thank you, thank you for your message.
Your message taken us could not see without our tears for our real and true Bushi like Japanese Hollywood Star Ken Watanabe you called Samurai.

My grandfather i proud of never,ever fought you in World War 2 for resent Japanese GAKIDOMO.

I am very happy to have my proud grandfather who lived in Mage Age and fought as First Lieutenant in World War 2 but not my father as a small man.

I say again that thank you!



YouTube



Continue click [続きを読む >>]

PR

【福島原発】 連日、報道される放射線内部被爆の報道を受けて → 江上信雄 著 『生きものと放射線』 東京大学出版会 (1975年)の【目次】の紹介

評価:
江上 信雄
東京大学出版会
---
(1975)
コメント:大変古い本ですが、放射線のわれわれ人間を含めた生き物への影響の基礎的重要事項が簡潔にまとめられており、今でも有効なことが多いのではないでしょうか。基礎的な事とは、早々古びないものです。尚、このUP BIOLOGYシリーズは、僕も何冊か持っているのですが&

本当は内容を自分なりに消化し、それから改めて紹介すべきなのでしょうが、僕も僕の仕事があり、やらなければならない事を沢山、抱え込んでいます。
いずれ、内容についても紹介するとして、今日は、この江上信雄著『生きものと放射線』東京大学出版会(1975年)の【目次】のみの紹介とさせていただきます。

尚、震災当日の物凄い津波の映像(放映されたのは、数日後であったかと思います。)に、言葉で言い尽くされぬショックを受けて、徹夜して書いた記事はこちら。
緊急!!一般人ができる一般的災害対策。 東北関東大震災地震を受けて | ミステリーが好き・・・

UP BIOLOGY 江上信雄著『生きものと放射線』東京大学出版会(1975年)の【目次】


はしがき

1.生きものと放射線とのかかわり合いの歴史

1.1 生物の誕生・進化と放射線
1.2 生命の起源と放射線
研究の歴史-生命の起源に関する最近の説-原始的生物と放射線
1.3 生物の進化と放射線
付 放射線の種類と単位
 (トグサ 注:種類はともかく僕も報道される単位と自分が学んだ放射線の単位が違っていて非常に驚いたのですが、ここに掲載されている単位は、すでに使われていません。)
電離放射線-粒子線-宇宙線-放射線の単位

2.ヒトが放射線をあびるとどんなことがおこるか

2.1 歴史的背景
2.2 全身ひばく
急性障害-晩発性障害-決定器官
2.3 局所的ひばく
2.4 内部ひばく
2.5 遺伝的障害
2.6 その他の特殊な問題
胚や胎児のひばく-眼の水晶体のひばく
2.7 微量放射線のひばく
2.8 紫外線の影響

3. 高等動物を用いた放射線障害の解析




本当は内容を自分なりに消化し、それから改めて紹介すべきなのでしょうが、僕も僕の仕事があり、やらなければならない事を沢山、抱え込んでいます。
いずれ、内容についても紹介するとして、今日は、この江上信雄著『生きものと放射線』東京大学出版会(1975年)の【目次】のみの紹介とさせていただきます。

尚、震災当日の物凄い津波の映像(放映されたのは、数日後であったかと思います。)に、言葉で言い尽くされぬショックを受けて、徹夜して書いた記事はこちら。
緊急!!一般人ができる一般的災害対策。 東北関東大震災地震を受けて | ミステリーが好き・・・

UP BIOLOGY 江上信雄著『生きものと放射線』東京大学出版会(1975年)の【目次】


はしがき

1.生きものと放射線とのかかわり合いの歴史

1.1 生物の誕生・進化と放射線
1.2 生命の起源と放射線
研究の歴史-生命の起源に関する最近の説-原始的生物と放射線
1.3 生物の進化と放射線
付 放射線の種類と単位
 (トグサ 注:種類はともかく僕も報道される単位と自分が学んだ放射線の単位が違っていて非常に驚いたのですが、ここに掲載されている単位は、すでに使われていません。)
電離放射線-粒子線-宇宙線-放射線の単位

2.ヒトが放射線をあびるとどんなことがおこるか

2.1 歴史的背景
2.2 全身ひばく
急性障害-晩発性障害-決定器官
2.3 局所的ひばく
2.4 内部ひばく
2.5 遺伝的障害
2.6 その他の特殊な問題
胚や胎児のひばく-眼の水晶体のひばく
2.7 微量放射線のひばく
2.8 紫外線の影響

3. 高等動物を用いた放射線障害の解析



" dc:identifier="http://internethack.blog.shinobi.jp/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%E3%82%92%E5%8F%97%E3%81%91%E3%81%A6/%E3%80%90%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%80%91%20%E9%80%A3%E6%97%A5%E3%80%81%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E5%86%85%E9%83%A8%E8%A2%AB%E7%88%86%E3%81%AE%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%82%92%E5%8F%97%E3%81%91%E3%81%A6%E3%80%80%E2%86%92%E3%80%80%E6%B1%9F%E4%B8%8A%E4%BF%A1%E9%9B%84%E3%80%80%E8%91%97%E3%80%80%E3%80%8E%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A8%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E3%80%8F%E3%80%80%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%87%BA%E7%89%88%E4%BC%9A%E3%80%80%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%99%EF%BC%97%EF%BC%95%E5%B9%B4%EF%BC%89%E3%81%AE%E3%80%90%E7%9B%AE%E6%AC%A1%E3%80%91%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B" /> -->

新書大賞受賞 内田樹 『日本辺境論』の内容紹介

専門はフランス現代思想ですが、専門にとらわれず教育論など多くの著作がある内田樹(たつる)氏であるが、この度、この『日本辺境論』で新書大賞を受賞したようです。
新書大賞の詳細はコチラ。   新書大賞〈2010〉

「はじめに」で内田樹(たつる)氏は、この『日本辺境論』は「辺境人の性格論」は丸山眞男からの、「辺境人の時間論は澤庵禅師(たくあんぜんじ)からの、「辺境人の言語論」は養老孟司先生からの受け売りであり、ほとんど新味がないとしています。
しかし、僕にとって丸山眞男は馴染み深いものでありますが、澤庵禅師(たくあんぜんじ)や養老孟司氏の言語論に疎い僕にとっては十分、新味のある論であった。
そして何故、そんな新味のないと言う日本人論を繰り返すのかというと、内田樹(たつる)氏はごみ掃除に例えています。
また、多くの先人たちが、その骨身を削って築いた日本人論を私たちは、まだ内面化していないのではないかと内田樹(たつる)氏は語っています。

そして中華または世界に対して辺境人である日本人をマイナスとして捕らえるのではなく、とことん辺境で行こうではないかという提案を内田樹(たつる)氏はしています。


専門はフランス現代思想ですが、専門にとらわれず教育論など多くの著作がある内田樹(たつる)氏であるが、この度、この『日本辺境論』で新書大賞を受賞したようです。
新書大賞の詳細はコチラ。   新書大賞〈2010〉

「はじめに」で内田樹(たつる)氏は、この『日本辺境論』は「辺境人の性格論」は丸山眞男からの、「辺境人の時間論は澤庵禅師(たくあんぜんじ)からの、「辺境人の言語論」は養老孟司先生からの受け売りであり、ほとんど新味がないとしています。
しかし、僕にとって丸山眞男は馴染み深いものでありますが、澤庵禅師(たくあんぜんじ)や養老孟司氏の言語論に疎い僕にとっては十分、新味のある論であった。
そして何故、そんな新味のないと言う日本人論を繰り返すのかというと、内田樹(たつる)氏はごみ掃除に例えています。
また、多くの先人たちが、その骨身を削って築いた日本人論を私たちは、まだ内面化していないのではないかと内田樹(たつる)氏は語っています。

そして中華または世界に対して辺境人である日本人をマイナスとして捕らえるのではなく、とことん辺境で行こうではないかという提案を内田樹(たつる)氏はしています。

" dc:identifier="http://internethack.blog.shinobi.jp/%E8%A9%B1%E9%A1%8C%E3%81%AE%E6%96%B0%E6%9B%B8/%E6%96%B0%E6%9B%B8%E5%A4%A7%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E3%80%80%E5%86%85%E7%94%B0%E6%A8%B9%E3%80%80%E3%80%8E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BE%BA%E5%A2%83%E8%AB%96%E3%80%8F%E3%81%AE%E5%86%85%E5%AE%B9%E7%B4%B9%E4%BB%8B" /> -->

オンラインで書籍を購入するネット書店比較 新刊編

人はネットで本を買う時、何を参考に何を基準にしているのでしょうか?
一頃は、ネットで書籍を買う=Amazonを利用する でしたが、現在、様々なネット書店が開設されています。
この記事では、そんなネット書店の代表的なものを集め、それぞれの特徴と違いを僕なりにまとめてみました。

尚、この記事は、随時更新し、新たなネット書店を追加していくつもりです。
また、古本編、雑誌定期購入編も投稿するつもりですので、お楽しみにー。

前著の方が断然、良かった 和田秀樹著『大人のための勉強法 パワーアップ編』(PHP新書)

前著『大人のための勉強法』(PHP新書)をよんでいるため紹介する順序が逆になりますが、今回は、その続編である和田秀樹著『大人のための勉強法 パワーアップ編』(PHP新書)を紹介します。
前著『大人のための勉強法』は、結構理詰めで「現代において頭がいいとは?」とかが詳細に書かれており、読むのが結構大変でしたが、大いに傾聴すべきものがありました。
しかしながら、大して準備せずに『大人のための勉強法』が売れたため、編集者からの要請で書かれたのであろうか、この『大人のための勉強法 パワーアップ編』は、砕けた口調で書かれていますが、全くといっていいほど、ためになりませんでした。
ただ、「第4章 大人の勉強のための「選ぶ技術」」は、これから何かを勉強しようかと考えている社会人の方にとっては、有意義な内容となっております。
それでは、各章ごとに、僕の意見を交えながら紹介していくことにします。


前著『大人のための勉強法』(PHP新書)をよんでいるため紹介する順序が逆になりますが、今回は、その続編である和田秀樹著『大人のための勉強法 パワーアップ編』(PHP新書)を紹介します。
前著『大人のための勉強法』は、結構理詰めで「現代において頭がいいとは?」とかが詳細に書かれており、読むのが結構大変でしたが、大いに傾聴すべきものがありました。
しかしながら、大して準備せずに『大人のための勉強法』が売れたため、編集者からの要請で書かれたのであろうか、この『大人のための勉強法 パワーアップ編』は、砕けた口調で書かれていますが、全くといっていいほど、ためになりませんでした。
ただ、「第4章 大人の勉強のための「選ぶ技術」」は、これから何かを勉強しようかと考えている社会人の方にとっては、有意義な内容となっております。
それでは、各章ごとに、僕の意見を交えながら紹介していくことにします。

" dc:identifier="http://internethack.blog.shinobi.jp/%E7%89%B9%E9%9B%86%E3%80%80%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E6%B3%95/%E5%89%8D%E8%91%97%E3%81%AE%E6%96%B9%E3%81%8C%E6%96%AD%E7%84%B6%E3%80%81%E8%89%AF%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%80%E5%92%8C%E7%94%B0%E7%A7%80%E6%A8%B9%E8%91%97%E3%80%8E%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E6%B3%95%E3%80%80%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E7%B7%A8%E3%80%8F%EF%BC%88%EF%BD%90%EF%BD%88%EF%BD%90%E6%96%B0%E6%9B%B8%EF%BC%89" /> -->

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[01/22 絵空事]
[01/22 トグサ]
[01/21 絵空事]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R